CXプレステージュのレストア

3月 3, 2011 | メカニック

 引き続きのCX-Pの エンジンレストアの模様です。(何時もの
お仕事です、これが特別ではありません、CXアイスブルーも同じ手法)
ライナーからピストンを抜き、その他のスラッジが付着している
部品を まとめて暫く 洗浄剤に漬けて洗浄入します。この時はメタル
の状態を入念に 点検します。問題なければ軽く清掃して 元の規定
トルクで 組み上げます。
 タベットカバーは 綺麗になりました。

シリンダーヘッドは 清掃後に各ボルト ねじのタップを確かめ、必要と
あれば、修正していきます。バルブを組み上げる時に ガイドとの
なじみを出すために たこ棒で 研磨して 当たりを出します。
  ↓  燃焼室はピカピカです。

 ↓ バルブステムシールを交換します、これが悪いとエンジンオイル下がり
   が 止まらず、燃焼室のカーボンの付着、オイル食い、よって不調となります。

 当然 この時点で ヘッドが歪んでいないか、点検します。

 ↓ エンジンハンガーに かけましてオリジナルのペイントをします。

 一度、ばらしまして スラッジを綺麗に除去する事はとても重要です。
調子が良くなる事は 当然ですが、スラッジが燃焼室に 多く付着しますと
ランオンしたり二次燃焼して 溶かすことも考えられます。

*ランオン(エンジンを切っても、ノッキングしてカタカタ回り止らない)

CXは よくVベルトが滑ることがあります、定期的なベルトの交換は
必要ですが、長年プーリーの溝が 汚れ、錆が出ていたら、正確なテンション
を駆けたとしても 滑ることが考えられます。
 ↓ プーリーをサンドブラストして 硬質のペイントを施します。
錆が出ていたら Vベルトの寿命は短いです。

どうでしょうか・・この辺りだけでもCXの価値観を比較すると、なるほど・
と ご理解頂けるかと思います。色んな失敗から経験しました、現在の普通
です。  まだまだ続きますので お楽しみに・・。
(BX編を 予定してますので オーナーお待ちしてます)

アウトニーズ オリジナルTシャツ好評販売中

DS / ID をモチーフに、普段使いできるシンプルな Tシャツを作りました。

お出かけしない休日も、シトロエンの美意識を纏ってみませんか?

※このボタンからの購入は M サイズとなるため、その他のサイズをご希望の方はこちらからどうぞ!

新着シトロエン車両

シトロエンをもっと身近に

アウトニーズは、1998 年創業のシトロエン専門店です。
より多くの方にクラシックシトロエンのある生活を楽しんでいただくのが私たちの願い。
伝統と格式を保ちながら敷居を下げるべく、日々シトロエンの魅力を紹介しています。

075-646-0213
お問い合わせフォーム

アウトニーズ オリジナルTシャツ好評販売中

DS / ID をモチーフに、普段使いできるシンプルな Tシャツを作りました。

お出かけしない休日も、シトロエンの美意識を纏ってみませんか?

※このボタンからの購入は M サイズとなるため、その他のサイズをご希望の方はこちらからどうぞ!

Contact

お問い合わせ

ブログでご紹介した車両だけでなく、お探しの車両や他社様にてご購入車両のレストアやメンテナンスについても、
弊社でできる限りのご協力をさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。