昨日は XM-Xの整備を進めております、エンジンを下した場合 いろいろな 項目ごとにお仕事が 点在しております。写真は ABSユニットになりますが この部分のOHはしませんが LHMリターンなど 上に出てますL字のホースが よく決壊します(写真はもう決壊してます、その下にありますのが ブレーキアキュームになります、ここのアキュームは エンジンが載ったままだと交換が大変ですので 新品交換します、走行の浅い物はパスする場合が多いですが、今回は交換です。これはCXにも 付いている物です、初期型のXMはなにかとCXを継承されている事が あります。


後は LHMリターンホースをくまなく見れることですが・・フロントのサスペンションの高圧ホースを 左右共に交換します、これは当方でオリジナルで作成した物です、とても大事なところですので 今のところ 部品販売のみは させていただいておりません。もう純正部品がなくなりまして 暫く経ちますが・・・メーカーとして 再販して欲しいところです・・でも目が飛び出るような価格では 困りますが(笑)
 本国でも シトロエンヘリテージなる ものが設立しているようで 先日も XMを 飾ってました、見栄えだけで利用するのではなく 部品供給も責任を持って 乗り出して欲しいですね。

本丸の ステアリングラックのオーバーホールです、写真はもう 組みあがっておりますが、当方のオリジナルのシリンダー&シールは全て 交換されております、このステアリングの短い高圧ホースは なかなか日本での企画にあわない事がありまして、 現在はリプロダクションできない部分です、この固体はOKですが。

後エンジンマウント、ミッションマウント交換、ハイトコレクターの清掃、点火系の交換です。
下の写真は ラジエターの ワンオフの造り替えです、純正は サイドのカバーがプラなので 新品でも信頼性が低く 何度も泣かされました・・・黒いほうが ワンオフ作成ラジエターです。

エンジン&ミッションを下すこと・・それは・・つまり・・修理箇所が 怒涛の如く出てくる 状況です。普通は絶対やりたくないことなんですけど。裏を返せば 確実にトラブルが少なくなるイコール オーナーさんの出費も少なくなりますね。最終的には とても良いことに 間違いありません。

これが当社の XM初期の 基準のレストアの 一部の記述になりますし 車両代に含まれた内容ですので特別ではありません。

新着シトロエン車両

シトロエンをもっと身近に

アウトニーズは、1998 年創業のシトロエン専門店です。
より多くの方にクラシックシトロエンのある生活を楽しんでいただくのが私たちの願い。
伝統と格式を保ちながら敷居を下げるべく、日々シトロエンの魅力を紹介しています。

075-646-0213
お問い合わせフォーム

Contact

お問い合わせ

ブログでご紹介した車両だけでなく、お探しの車両や他社様にてご購入車両のレストアやメンテナンスについても、
弊社でできる限りのご協力をさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。