現在BXをレストアしてます。エンジン関係は以前にご報告しましたので今回はハイドロについて少し、、。

ハイドロの足周りが硬い時は 御多分に漏れずスフィア(チッソガス球)を交換したりしますが、見落としがちなのはハイトコレクターです、このハイトコレクターというものは足回りの油圧のコントロールバルブで 車高が低くければ加圧して、車高が高ければ減圧するものです、基本電気などでは無く油圧弁のカラクリによるシンプルな構造なんです。この部品が発明されなければハイドロはこの世には無かったのです。
まずハイトコレクターをオーバーホールして泥やスラッジを取り除き、ダイアフラムを交換します。
このハイトコレクターは鉄のロッドでアンチロールバーに連結して、車高の状況を探る訳です。
BXでは追加して大事なのは そのアンチロールバーを固定しているゴムブッシュです、良くここにスムーズに動く様にCRCを吹く人が居ますが、アウトです。滑って左右に振れてしまい、ハイトコレクターが正確に作動しなくなります。脱脂してゴムブッシュでアンチロールバーをしっかりと固定しなくてはいけません。
BXのボビンはこの方式ではなくアンチロールバーを左右をスプリングで絶えず適切な位置に固定されます。
あとはLHMリターンの油圧ホースです、材質はゴムですので切れやすいです、この部品がハイドロのオイル漏れの悪評の根源です。ただシトロエンオールドDS、GS、SMなどはゴムホースでは無く鋼管パイプを使用が多くて耐久性は高いです、この点はオールドは事例が少ないのです。チビチビの漏れはあっても、絶望的な決壊は少ないです。
ですから 意外や意外、オールドシトロエンの方が上手く作られていますしコストを掛けてる安心材料も多いのも事実なのです。

アウトニーズ オリジナルTシャツ好評販売中

DS / ID をモチーフに、普段使いできるシンプルな Tシャツを作りました。

お出かけしない休日も、シトロエンの美意識を纏ってみませんか?

※このボタンからの購入は M サイズとなるため、その他のサイズをご希望の方はこちらからどうぞ!

新着シトロエン車両

シトロエンをもっと身近に

アウトニーズは、1998 年創業のシトロエン専門店です。
より多くの方にクラシックシトロエンのある生活を楽しんでいただくのが私たちの願い。
伝統と格式を保ちながら敷居を下げるべく、日々シトロエンの魅力を紹介しています。

075-646-0213
お問い合わせフォーム

アウトニーズ オリジナルTシャツ好評販売中

DS / ID をモチーフに、普段使いできるシンプルな Tシャツを作りました。

お出かけしない休日も、シトロエンの美意識を纏ってみませんか?

※このボタンからの購入は M サイズとなるため、その他のサイズをご希望の方はこちらからどうぞ!

Contact

お問い合わせ

ブログでご紹介した車両だけでなく、お探しの車両や他社様にてご購入車両のレストアやメンテナンスについても、
弊社でできる限りのご協力をさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。